キャッシング審査

返済の遅延さえしなければキャッシング審査は怖くない

キャッシングの審査の裏側

 

キャッシング業者は必ずしも利用者の申込内容を鵜呑みにしているわけではありません。中には意図的に、あるいは、ついうっかり間違った内容を書く人もいるわけですから、ある程度の裏付け作業をしています。

 

例えば、他社からの借り入れ金額については、信用情報機関に問い合わせをすることで裏付けをとっています。信用情報機関というのは全国のキャッシング業者から情報を集め、利用者一人ひとりの借入情報を総合管理している組織です。

 

信用情報機関に問い合わせれば、その人がどの業者からどれだけの借入金額があり、借入総額がいくらなのかを完璧に把握できます。実際の借り入れ金額が申告内容より多かったりすれば、印象の大幅ダウンは避けられません。

 

また、勤務先に関しては在籍確認という方法でチェックしています。在籍確認では、審査担当者がその人の勤務先に直接、電話をかけます。そして、申込者の名前を出して問い合わせをして、その人がいることが確認できればOKとなります。

 

在籍確認の際は、審査担当者がキャッシング業者の人間であることを伝えたりはしませんから、キャッシングの利用が会社に知られることは無いので、そのあたりは心配いりません。在籍確認が失敗に終われば、当然、審査に通る可能性はほぼ消滅します。

 

大手キャッシングのプロミスで返済が遅れると

キャッシングの遅延時の利息は、一般的には「遅延損害金」という名称で知られています。この遅延損害金は、上限の利率を法律で20%までと定められています。

 

プロミスで借入れをして、返済遅延をしてしまった場合は、「遅延利息」という名称にて、遅延損害金を支払うことになります。この遅延時の利息は、通常の利息よりも高く設定されていて、プロミスも遅延損害金の利率は、20%になります。実際の支払い金額は、遅れた日数分の金額を日割り計算で算出した後、ただちに支払いをする必要があります。

 

プロミスに限らず、遅延日数が長くなるほど、遅延損害金は大きくなってしまいます。遅延となった場合は、ただちに連絡して支払いをするようにしましょう。

 

また遅延分の利息額を含めて支払い額が確認できたら、その支払い予定日のうちに支払いをすませることが肝要です。支払い予定を伝えてから入金しないことは、自分自身の信用情報に関わります。今後、追加の借り入れができなくなる可能性がありますので、一度約束したことは必ず守るように心掛けましょう。

 

また、支払いが難しい理由が発生した時や、すぐの入金が難しい場合は、遅延を出す前に相談しましょう。プロミスでは、返済日の変更が可能ですので、支払いに支障があればまず支払い日を検討してもよいでしょう。プロミスは、病気等やむおえない理由がある場合の遅延時の対応が大変良いといわれています。